原作のどのシーンが使われるのか?気になる映画がやっと観られる

自宅前で行き倒れていた青年を助けたことから始まる恋愛。こんなことはないと分かっていても、女性なら憧れてしまう設定ですね。同じ社会人ということで、主人公のさやかに感情移入しながら読みました。ただの純愛ものではなく、ストーリー設定もしっかりとされていました。作者の有川さんは図書館戦争なども書いていて、若者の心を掴むのが上手いです。青年を拾ったことで、さやかの生活は一変します。ダラダラと過ごしていた休日が、とても充実したものになりました。お互いに恋心が芽生え、春には付き合うことになりました。そして、女性ファンが一番気になるのがあのシーン!R15指定になるのかと話題になりました。話題作りで言っているだけでしょう?ファンのほとんどが10代なのに、客が減るよ?最近の若者の恋愛ってどうなんでしょうか?これくらい余裕?岩田剛典の王子様キャラにドキドキしたいけど、あのシーンは見たくない!そう思ったファンも多いでしょう。でも、あのシーンがあるからこそ、後半が盛り上がるんですよね。せめて、原作と同じタイミング、同じ内容でお願いします。どうなったかは、映画を観てください。そして、最後まで涙腺がゆるみっぱなしでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です